川口駅から徒歩3分 吉野歯科 歯周病 歯医者 歯科医院

患者様体験談

患者様体験談

歯周病の治療を受けた患者様

女性 32歳 「歯肉が下がってきたのが気になる」
術前

下の歯ぐきが下がってしまったという主訴で来院なさいました。
前歯へのかみ合わせの負担が強いので矯正をすることにしました。
また、主訴である歯肉の退縮に対しては矯正前に歯肉の再生をすることにしました。

術中

上顎の裏(口蓋)から歯肉を採取し移植しました。

術直後

顕微鏡を用いて、外側にメスを入れずに歯肉を再生させる特殊な手術で対応しました。

術後6か月

術前の薄い歯肉は厚くなり、また、主訴であった歯肉の退縮も改善されたため、矯正を開始しました。

簔口 力 様

歯周病が日々悪化して困っていたのですが、「完全に良くなることはないだろう」と思いその場しのぎの治療を行っていました。
ですが、きちんとした治療を受けなければ、「全部歯が無くなってしまうのではないか?」
と、不安に思い吉野歯科さんに相談しました。
歯周病を放っておいてしまったために、歯が抜けてしまうといった重度の歯周病のお話など先生から説明を受け、このまま放っておくわけにはいかないと治療を決めました。
今では、以前にも増して、手入れなど歯に対して気を付けることが多くなりました。
何もしなければ歯周病は確実に進行してしまい、大切な自分の歯を失ってしまうことになります。口臭や歯茎が痩せてきたなど気になることがある方は吉野歯科さんへ相談してみることをお勧めします。


田中 博和 様

口臭が気になって、歯のぐらつきが大きくなってきたと感じていたところ、歯が悪く色々な歯科医院へ行っていた妻が、吉野歯科さんの事を色々なところで聞いてきて診てもらおうと来院しました。
来院前は、虫歯に対してしかメンテナンスをしたことがなかったので、歯周病についてはあまりよく分かっていませんでした。
ところが、歯周病と診断され、歯周病の説明をしていただいた時には、 「自分の歯がなくなるのでは?」という恐怖におそわれ、歯を失いたくないと思いました。
治療そのものは心配していませんでしたが、費用が高く悩んでいました。
しかし、説明を聞き、「歯は命」であるという知識を得たので、歯周病専門医である吉野先生にお任せしようと決心し治療を始めました。
治療期間中は、痛みや不安はありませんでしたが、年単位の時間がかかるところが大変でした。
大変なこともありましたが、歯周病治療を終え、自分の歯で死ぬまで食べられる安心は何よりです。
自分の周囲に歯周病で悩んでいる人がいたら「再生治療はベストな手段ですよ」と是非教えてあげたいと思います。


女性 40歳 「歯周病を治したい」
初診時

歯周病を治したいとの主訴で来院なさった、40歳の女性です。

5年後の口腔内写真です。

プラークコントロールも術前に比べて良くなり、術前に存在した歯肉の炎症も減少いたしました。
歯周病の治療に加え、矯正治療も行い、見た目も綺麗になりました。
患者様の協力もあり、初診時にひどい歯周病だったのが嘘のように治癒しました。


他の歯科医院でクリーニングを受けていたのですが、右上に違和感がずっとあり、友人のすすめで吉野歯科さんに来院しました。
歯周病は歯磨きができていればならないと思っていましたが、吉野歯科さんで歯周病と診断され、びっくりしました。また自分が歯周病だとは思っていなかったので納得できず何度も説明を受けました。
歯周病の治療はもっと簡単にできると思っていたので、大がかりになるとは思っていませんでした。
しかし、80歳まで歯を20本残したい、またポケットが深いと聞いたので早くなんとかしなくてはと思いました。
実際、歯周病の治療を受けている間は、仕事のシフトと治療のアポイントを調整するのが少し大変でしたが、手術も気がついたら終わっていたので楽に受けられたことが良かったです。
歯周病の治療後は、右上の違和感がなくなり、しっかり噛めるようになり何でも食べられるようになりました。
友人で歯周病の症状で悩んでいる人がいたら、歯は一生使うものなので早く治療した方が良いと言葉をかけたいと思います。


女性 39歳 「歯周病を治したい」
初診時

歯周病を治したいとの主訴で来院なさった、39歳の女性です。

5年後の口腔内写真です。

タバコの影響もあり、治癒に時間がかかりましたが、前歯が重度の歯周病であったことは、現在わからないレベルに治療できました。
できれば、10年、20年現在の状態を維持するためにも禁煙が必要です。


治療をする前は、歯ぐきのはれや痛み、臭いなどに悩んでいました。
歯周病は年をとると皆なるイメージでしたので、歯周病と診断され、治療の説明を聞いたときは、すごく落ち込み、この先のことが心配でした。
どれくらいで良くなるか、費用や治療期間が心配でしたが、近所の歯医者では良くならなかったので、吉野歯科さんで歯周病の治療をしようと決めました。
治療期間中は、硬い物(フランスパン)を噛むのを控えていました。
しかし、治療後はフランスパンも噛めるようになり嬉しく思います。
友人で歯周病に悩んでいる人や治療しているが治らない人がいたら、吉野歯科さんで治療すると良くなると教えてあげたいと思います。


女性 62歳 「歯肉の再生をしたい」
術前

一般的にこのケースは完全に根面を覆うのは無理なのですが、顕微鏡を用いて、外側にメスを入れずに歯肉を再生させる特殊な手術で対応しました。

術直後

タバコの影響もあり、治癒に時間がかかりましたが、前歯が重度の歯周病であったことは、現在わからないレベルに治療できました。
できれば、10年、20年現在の状態を維持するためにも禁煙が必要です。

術後6か月

根面の歯肉が再生し、虫歯になるリスクも下がり、患者さんも喜んでいます。


 




ページのトップへ